The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
年明け・ゼンザイ・毒ガス室
2007-01-01 Mon 20:14
年が明けました。
みなさん

A HAPPY NEW YEAR!!(’-^*)/

というわけで、おせちに、お雑煮と、めでてぇ食べ物が食べたいところですが、
今回僕は実家には帰らないことにしたので、そんなくそ高っけぇもん買えないです・・・。

でも、どうしてもZENZAIが食べたくなった僕は年始でも開いてる近くのスーパーでつぶあん(1㌔¥298)とモチ(1㌔¥278)を買って、我が家でもっとも大きな容量を持つフライパンで水に溶かしてたぶん(?)ZENZAIを作り上げました。







こんな感じです。
ZENZAI

モチがとろけすぎたぁ。 超甘い。でも

おいしーーーーーーーーー(^∀^


ただ・・・
今日の昼、夜ご飯もZENZAIか

だってほかに炒め物できるナベ無いもん。
年明け・ゼンザイ・毒ガス室の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | いろいろ | コメント:1 | トラックバック:0
カルピス。。。
2006-07-07 Fri 18:14
カルピスってアメリカでも売られてたんです。
でも、カルピスっていう発音じゃ売れなかったらしいんです。
(理由は軽く汚いんで、教えて欲しい方は御一報を。)
だからカルピコという名前で売ったら売れたらしいですよ。
なんだか可愛らしいですねっ♪
カルピスはカルピスについて研究を重ねたそうです。
自動販売機で売る為に沈殿しないカルピスを作ったり。
(普通にカルピスの原液と水混ぜただけじゃ沈殿するので)
だからあんなに美味しいんですねぇ。
別窓 | いろいろ | コメント:2 | トラックバック:0
今日ぬくかったね
2006-02-15 Wed 01:29
今日は「量子線物理計測」のテストでした。
さすがM畑先生だ(T∀T)。易しい問題で僕らに単位を与えてくれる、神のような先生です。ひとまずあと4個!
水曜の「輸送現象論」
金曜の「無機材料科学」「電磁気学E」
火曜の「熱統計」
きついがあと少し!それまで定演曲も音とり、トレースはお預け・・・


クリスマスのときもでしたが、今日みたいなちょっと特別な日には、若干訪問者数が増えてます(笑)
みなさんやはり人の動向は多少なり気になるようですね(^-^)
クラスの人にもこれ見よがしにデカいやつにかぶりついてる人がいました(笑)あれは・・・自分で買ったんかな?
僕はというと、今年は先週1箱もらっただけで今日は収穫ナシ。
しかももらったやつがタバコの形をしたやつで、今朝親に見つかって「あんた、いつの間にこんなもん吸いようとね…」と悲しい顔で言われました・・・。
チョコです


安心しな~、俺はタバコとコーヒーだけは強制されても口にすることはないけ~
あ、でもあと一個もらえる予定です。楽しみっすなぁ(´∀`)
別窓 | いろいろ | コメント:2 | トラックバック:0
ヤマト!
2006-02-13 Mon 14:24
二日ぶりの更新ですが、一昨日と昨日と、
テスト期間中にこんなに遊んでていいのかってくらい
充実の週末を過ごしてしまいました。
今日こそは・・・

一昨日:思いつきだったけど、あそこまでアクティブな一日になるとは思わんかった…。働く男、いや漢の背中を見ましたよ(笑)

昨日:昼までのバイトのあと、ついに見に行きました
「男たちの大和」!
なんというか、ただただ圧倒・・・戦艦でかいし、なんつーかダイナミック!
実際に見に行った分、甲板の細かなとこや、司令官の支持で動く三式主砲(コレもでかかった)自慢の排水システムで傾いた船体を立て直すとことか、「お、これ見たやつだ」ってところが沢山あっておもしろかったです。
戦闘シーンはやや(かなり?)グロかった、けど現実はもっとひどかったんだろうな…。空母なし、戦闘機なし、駆逐艦2席だけで事実上、勝ち目のない特効を命じられたとき船員たちはどう思ったのか。。。
反町隆史、中村獅童もカッコよかった!
ただ、現代のシーンはちょっとダルかったかな・・・?

映画のあとは、月の湯温泉~!(^o^)
そして2時過ぎてお腹がすいたので行った先は元祖長浜ラーメン!
と、まぁ一日でキャナル、空港、長浜と友達のインプレッサに乗って遊びまくってしまいました・・・。
さて、べんきょべんきょ
別窓 | いろいろ | コメント:0 | トラックバック:0
ここ数日・・・
2006-02-08 Wed 20:19
勉強ばかりしてます。
たまに邪魔が入りながらも、一応ヤマを張ったところはしっかりのーミソに叩き込んでテストに向かったつもりです。
でも今日の数学は…ちっとやばいかも・・・?わからんけど。
ってか、「テスト範囲は今までのところ全部」だって言うから、
第一回目の講義ノートから引っ張り出してきて、
A4紙一枚だけ許可されているカンペ紙に公式という公式をすべてシラミつぶしに一つ残らず書き込んだというのに・・・・
出てきた問題


ラプラス変換と、行列の対角化だけ

・・ってどういうことやねん!しかも証明も数問でている!

書きすぎて場所がなかったから証明系は全部省いてたのに!

モロ出ちゃったよ!畳み込みの公式の証明・・・・!
ラプラス変換の、微分公式(1)(2)と積分公式(1)(2)さらに移動法則だとか、合成関数の法則、変換可能な関数の判定方法だとか、数ある公式あんど原理のうち、
合成関数の畳み込みの証明だけは全く見落としていた・・・
とれる10点をみすみす逃すなんて・・・
うきゃー!くやしかぁ・・・(TεT)



ここ数日・・・の続きを読む
別窓 | いろいろ | コメント:3 | トラックバック:0
金曜日の夜ですので
2006-01-28 Sat 02:31
天神に人が多いですなぁ…
過ぎ行く人の吐息にアルコール臭を感じるとなんだかとてもひどい気分になりました。
週末だし酒でも飲んで気楽にしたく思うのに…一人じゃそれすらもできないな。
おとなしく帰って、勉強でもしますか。試験まで時間ないし。

今日は、電磁気学の勉強をしてました。そこですこしおもしろく思ったのは、中学校でもある程度なら習う現象「電磁誘導」についてです。
内容は、コイルに磁石などを近づけて、コイル内の磁束の量を変えてやると電流が流れる、というものです。
詳しい原理は、コイル内の磁束が時間的に変化することで、これに対して、変化と逆方向に磁束を増やしたり、減らしたりしようとする抵抗力か働き、(力、と書いたけど次元は必ずしもN:ニュートンじゃないです、あくまで原理的なものなので)その方法として、磁束をコイル内に生み出すために、コイルは自らの中に電流をながすというものです(コイル内に電流が流れると磁束が発生します)。

つまりコイルは、目的(磁束変化への抵抗)のために犠牲(電流を流すこと)を払ってまで、「変化に抵抗」するのです。
この「変化への抵抗」そのための「犠牲」(最近「鋼の錬金術師」というマンガにハマってるのでその中に出てくる「等価交換」という言葉を使わせてもらいます)はいうなれば等価交換で、もっと身近な現象にも姿を現します。
たとえば、かの有名な、ニュートンの運動方程式(F=ma)というのは、物体に「力F」という外的変化が起こったときに、物体は自分が「加速度a」で動くという犠牲との等価交換により、逆むき大きさFの力を生み出し、力の釣り合いを満たそうとしているといえます。(普通は一言「作用・反作用の法則」で片付くんですが・・・)

いうなればニュートンの運動方程式とは、力の釣り合いが、「静止」または「等速直線運動」のみならず、加速度運動するような運動においてもなりたち、力の不釣合いから運動が生まれるのではなく、不釣合いを起こさないために運動が生じ、結局、全宇宙の力のつりあいは乱されることはない!というものであると結論できます。

まだあります、これは量子力学的で少しマニアックですが・・・
物体(たとえば電子とか)を光速近くまで加速しまくっていくと、今度はこの「加速」に対して抵抗力が働き出し、「加速」への抵抗としてなんと「質量」が増加しだします。
たしかに先ほどのF=maをみてもわかるように、同じFを加えてもmが大きくては思うようにaを増やせません。
これはいわゆるアインシュタイン博士の「特殊相対性理論」に基づくもので、光速に近づくと、質量が増加して加速できないようになり、結局光速においては物体のエネルギーが無限大に発散してしまう。というもので、物体が光速以上の速度で運動できない、といわれるゆえんです。相対論的には質量mは一定値ではないのです。
実際に光速の何割かまで加速された電子の質量がもとの13倍以上にまで膨れ上がっていたことも実験により実証されています。
走ると体重が増えたり、寿命や身長が延びたりするんです、おもしろいですね。

そのほかにも化学反応での平衡点の移動、電気回路内の温度上昇による電気抵抗の上昇などもいえるし、社会学はまったくわかりませんが需要と供給が商品価格の変動によってバランスが取れていく様などにいえて、変化に対して各々が各々の利潤を追求しているだけなのにそうなるってことは、やはりそこに原理があることを匂わせます。


というわけで、この「変化への抵抗」という原理は、もはや
「慣性」とかいう力学内の狭義的な法則では片付けられないほどに大きく、また根本的なものであると解釈できます。
そのほかの根本的な原理(というかもはや謎)として、四つの力(強い相互作用、弱い相互作用、電磁力、重力)の存在、エントロピーの増大、そしてこの宇宙の存在自体。
などがあって、これだけは、いまのところ誰がどうやっても、ナゼそうなるのか、ナゼそんなものが存在するのか、を説明できず、「自然界がそう作られていたから」としか言えない、言ってみれば理論の最小単位で。理論のATOMといえます。

密かに、これほど大きな根本に名前さえついてないというのはどうしてなのか疑問に思っています。
実はもう名前あって僕がしらないだけ?
あるいは名前をつけてわざわざ存在をひけらかすようなものではない?


長々と最後まで読んでくださった方、ご苦労様でした。
こんな単位落としそうなアホのシロウト談義ですので大したものではないですが、いろいろ想像したり考えてみるってのはとても楽しいことですね(^^)
別窓 | いろいろ | コメント:1 | トラックバック:0
| まくろ電力 | NEXT
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。